[PR]

『少女は自転車にのって』サウジアラビアの女性監督による長編映画が日本公開へ

[PR]

サウジアラビアは、集会が禁じられているので、映画館がないんですね。コンサート会場なんかもない。なかなかそういう国では映画文化は育ちにくいですね。

そんなサウジアラビアで製作された長編映画が日本で公開されます。

映画館のないサウジアラビア初の長編映画「少女は自転車にのって」予告編公開 : 映画ニュース – 映画.com

[PR]

「少女は自転車にのって」は、女性監督ハイファ・アル=マンスールさんによる作品。サウジアラビアは様々な厳しいイスラムの戒律があり、女性の行動が厳しく制限されていますが、そんなイスラム社会の矛盾や不条理を子供の視点を通して浮き彫りにしようとする意欲作です。

活発な10歳の少女ワジダは、幼馴染の少年と自転車競走をしようとするが、母親は女の子が自転車に乗って外出することを反対する。なんとか自転車を手に入れたいワジダは学校のコーランのコンテストに目をつけ、その賞金で自転車を買おうと計画する、というストーリー。イスラムの経典のコーランを上手く読むことで、戒律に触れそうな女性の自転車乗りを実現しようとする筋立てはなかなか上手いですね。

予告編はこちら。
少女は自転車にのっての予告編・動画「予告編」 – 映画.com

公開は12/14(土)から。

公式サイトはこちら。
【公式サイト】『少女は自転車にのって』

サウジアラビアでマッシャアラー! 嫁いでみたアラブの国の不思議体験
ファーティマ松本
ころから
売り上げランキング: 233,952
Tags: