[PR]

Netflixが新たなオリジナルドラマの制作を発表、ダメージのクリエイターが描く家族ドラマ

[PR]

アメリカのオンラインストリーミングサービス、Netflixが新たなオリジナルドラマシリーズの製作を発表しました。

ケビン・スペイシー主演、デビッド・フィンチャー監督の「ハウス・オブ・カード」はテレビ放送はなかったにもかかわらず、エミー賞にノミネートし、また一般視聴者からも高い評価を得ましたが、それに続くヒットとなるでしょうか。

今回Netflixが発表した新ドラマはグレン・クロースが主演した「ダメージ」の制作陣による家族のドラマのようです。成人した2人の兄弟の秘密と過去の傷が家族の厄介者の兄(か弟)が戻ってくることで次第に明らかになる、というサスペンス仕立てのドラマのようです。
今回はソニー・ピクチャーズと共同での製作。視聴はNetflixでオンデマンドでいつでも可能となります。

[PR]

タイトルはまだ未定。キャストまだ公表されていません。

プロデューサーのトッド・A・ケスラー、グレン・ケスラー、ダニエル・ゼルマンは、
「このドラマは両親、兄弟との間のねじれた絆と対立、嫉妬、裏切りなどを描くスリラーです」と語っています。

ダメージ同様、ハードな内容となりそうですね。

この作品はNetflixが視聴できる地域ではNetflixが配給、それ以外の地域ではソニー・ピクチャーズが提供することになりそうです。日本でもソニー・ピクチャーズが見られるようにしてくれるかな。

[Netflix teams up with Sony Pictures on new drama from Damages creators — Tech News and Analysis]

ダメージ シーズン1 ブルーレイ BOX (4枚組)(全13話) [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2008-09-03)
売り上げランキング: 46,389